• 安養市
  • HOME
  • LOGIN
  • JOIN
  • SITEMAP
  • Korean
  • English
  • Chinese
  • Vietnamese language
  • Quick
  • Sitemap
  • 意見掲示板

安養市へ ようこそ

HOME > 文化観光 > 山行(森林浴場) > 冠岳山

冠岳山

昔から開城の松岳山、坡州の紺岳山、抱川の雲岳山、加平の華岳山と共に京畿5岳の一つとして、小金剛と呼ばれた。恋主庵は恋主台の南側400m地点に位置しているが、新羅文武王17年(677)に義湘(ウィサン)大師が恋主台のすぐ下に創建した冠岳寺を、朝鮮太宗11年(1411)二番目の王子である孝寧大君が現在の位置に移して来たと伝わる。
冠岳山森林浴場は総合運動場の裏の忠義台入口から出発して冠陽1洞カンチョンまで5.6kmが造成されており、冠陽高の裏及びカンチョン村からも行くことができる。森が鬱蒼と茂り、自然学習場やあちこちに薬水の出る所があって訪れる人々を楽しませる。

位置 : ソウル市冠岳区新林洞と安養市石水洞にわたっている山だ。

登山路第コース
  • 登山路第1コース
    • 現代アパート → 自然学習場 → 第1国旗峰→ 八峰 → 恋主台 → 冠岳山
    • 距離 : 4.2km、所要時間 : 約3時間
  • 登山路第2コース
    • カンチョン薬水場 → カンサン薬水場 → 第1国旗峰 → 八峰 → 恋主台 → 冠岳山
    • 距離 : 3.6km、所要時間 : 約3時間
  • 登山路第3コース
    • ネビ山入口 → メチョン薬水場 → ソルチョン薬水場 → 展望台 → カンチョン薬水場
    • 距離 : 5.7km、所要時間 : 約2時間